世界最小4Gタフネススマホ「Unihertz Atom」届きました

Kickstarterで出資していた、世界最小の4G対応タフネススマホ「Unihertz Atom」が昨日届きました。

Tough, versatile and super portable, Atom is a waterproof Octa-Core smartphone that will be perfect for all your outdoor activities.

4GデュアルSIM対応、IP68認証、耐衝撃、ゴリラガラス、指紋認証、2GHzオクタコア、4GB RAM、とかそんな感じのやつです。

というわけで、早速開封していきましょう。

続きを読む


キャンプ△した

一ヶ月経つ前にやっと書く。

あれは8月18日-19日のこと。山中湖の湖畔にキャンプ△しに行ってきました。
実は同じメンバーで4月末にもキャンプ△に行っていて、今回が2回目。

ちなみに僕は、子どもの頃はよくキャンプに行っていたように思う。父親が割とアウトドア派で、家族で行ったり友人家族と行ったり、そんな感じ。家族で最後に行ったのは高校生の頃だったので10年近く前になるかなあ。

で、今回は山中湖。キャンプ場は「Lake Lodge YAMANAKA」さんにお邪魔しました。

https://www.nap-camp.com/yamanashi/13955/

車2台で移動。中央自動車道の渋滞予想がひどかったこともあり、東名自動車道の御殿場ICで降りて下道を北上していくルート。
IC降りてしばらく走ったところで、2台それぞれのナビが指す道が違ったため、別れてみることに。
こちらの車のコースはすげー坂とすげーカーブで大変でしたw
でも途中で通過した「山中湖パノラマ台」からの景色はすごかった!
運転してたから写真ないけど!w

まあそんなこんなでキャンプ場着いて手続きしてサイトに移動。前回のキャンプ△ではフリーサイトだったため早めに行かなきゃいけなかったり場所取りに難儀したりしたのですが、今回は区画サイトだったためスムーズでした。
ちなみに「オートサイト【中】」というプランで予約していましたが、かなり広々!車2台、テント2張、タープも余裕で収まる広さでした!

準備を済ませて買い出しに行って戻ってきて。このキャンプ場の売りは山中湖の湖畔まで歩いて10秒とのことなので、実際に行ってみたら15秒くらいだったw
でも景色は良かった!

しばらくして夕日が沈むと更にきれいに!

そんなこんなで晩ご飯の時間。買い出しで買ってきた馬刺しと、ポトフと、起こした火で焼いた焼き鳥と。よくわかんない献立だったけど美味しかったから良しw

チェックイン時にスタッフの方から「ここ数日で急に気温が下がって夜は10度くらいでめっちゃ寒いので気をつけて」と言われたのに半袖半ズボンしか持ってきていなかった僕は焚き火で温まりました。
ちなみにこの焚き火台はレンタル。薪もその場で買ったし、ありがたやありがたや。

だいぶ暗くなってきたのでまた湖畔の方に歩いていってみたら、これまたきれいなこと!
ついでに #平成最後の夏 って感じの写真も撮りましたw

そんなこんなで身体も冷えてきたのでシュラフでぬくぬく。せっかくキャンプに来たしゆっくりお話しながら…なんて思っている間に即就寝。疲れてたしね。
しかし!早起きしてやることがある!そう!朝焼け!
見ている間に空が明るんできて、富士山の色もどんどん変わっていくのが印象的でした。でも他のみんな起きてこないでやんの。寝てんの。もったいねー。

ちなみに2時間もすればこんな感じ。あっという間です。

そこから朝ご飯食べて、テント片付けてタープ片付けて、あっという間に撤収の時間。

みんなあっさりしてたけど個人的にはなんとなく名残惜しく、最後も富士山を撮っておきました。

キャンプ場にはお湯の出るシャワーがあり(しかも無料!)寝る前に浴びてはいたのですが、やはり温泉に入りたいよねってことで紅富士の湯。

http://www.benifuji.co.jp/

いい時間だったのでお昼もここで食べちゃいました。

その後は忍野八海周辺エリアに移動。さかな公園の水族館に行ったり。

http://www.morinonakano-suizokukan.com/

忍野八海の周りで食べ歩いたりしました。

その後の帰りは渋滞が予想されてたので一般道で行くもそっちも渋滞で東名乗っても渋滞で、とまあ散々でしたがなんとか帰れたってことで。
自分たちの力でキャンプをしたのはまだ2回だけど、今のところは家にあるキャンプ道具だったりキャンプ場で借りたりという感じだったので、これからいろいろ自分なりに揃えていくのも楽しそうだなあとか思ったり。お金と保管場所がないけど!

寒くなってくるし次はまた春頃かなあなんて考えながら、実は別のメンツで10月に行く予定があったりw
今までほとんどインドアの遊びしかしてこなかったので、これを機にアウトドアの勉強もしていきたいと思った今日このごろでした。


お盆休みも終わり

蓼科に一泊。自動運転のカートに乗って山を登ったり、カレーを食べたり、謎な迷路のある湖畔を歩いたり、プールに入ったり、妙におしゃれなローソンに立ち寄ったり、蕎麦を食べたり、ソフトクリームを食べたり、焼き鳥食べたり。

TDR35周年のコンサート。めちゃくちゃ前だけどめちゃくちゃ端っこ。金銀テープもらったり。焼き鳥食べたり。

大学時代のメンバーでBBQ。その後コミケ帰りの猛者たちにもまれながら大江戸温泉に入ったり。

これら4日間のうち前半2日間は有給休暇にて賄われているというところがキモ。


新しいPCモニタがほしい

物欲は止まらない。

前提

今使っているのは三菱のRDT222WMというモニタ。

高校生になったくらいだった気がするからもう10年前かな…?解像度は1680×1050でまあまあいい感じ。

なんだけど、長く使っていることもあって、当初は眩しいと思って下げていた明るさの設定も今は100%でも暗く感じるように…。あと写真だったり映像だったりゲームだったり、コンテンツの解像度が上がってきたこともあって、最低でもフルHDは欲しいなーと思ってきたり。

条件

残念ながら現状のPC周りの環境をガラッと変えるほどのことは出来ないので、外寸をあまり大きくは出来ない。現状のRDT222WMが幅505mm、高さ390mmで多少余裕があるような置き場所なので、その前後で探すと大体24インチくらいか。

解像度はフルHD(1920×1080)!って思ってたけど、調べてみるとWQHD(2560×1440)のものもあって、やっぱり高解像度は正義!いやでも細かすぎないか?スケーリングすれば?それじゃ意味ない?と脳内バトル中。

ということでとりあえず24インチ前後、解像度はフルHD以上というところを最低条件に、あとは反応速度とか色の再現性とかそのへんを加味して選んでいきたい。

候補

Dell UP2516D

ちょっと高めだけど、Dell直販だともう少し安い。解像度がWQHDで、何よりこいつがすごいのはAdobe RGB 100%対応しているところ。24インチ前後のWQHDモニタでAdobe RGBに100%対応しているのはおそらくこれだけ。出荷時にキャリブレーションしてくれるらしいし、狭額縁でドット抜け保証もあり。結構ポイント高い。

I-O DATA EX-LDGCQ241DB

GigaCrystaシリーズいう、一応ゲーム向けモデルらしい。あまり高くなく、使わなそうだけどリモコンも付属。あとHDMIが3ポートあるのはいろいろと便利かも?(HDMIとDisplayPort1つずつとかのものも結構多いので) 応答速度が標準だと14msと高めな気もするけど、気にならないもんかね。オーバードライブで8ms、5msにはなるみたいだけど。このあたりはIPSパネルだと仕方ないみたい。

ASUS VX24AH

こっちはDisplayPortなし。グラボとの兼ね合いもありHDMI接続一択になってしまうけど。一応sRGB 100%対応とのこと。応答速度は5msとのことだけど、これもオーバードライブ機能なのかな?

Dell S2417DG

Dellのゲーミングモデル。高い。TNパネルだから視野角は狭くて発色もIPSパネルと比べると悪くなる(らしいけど比べたことはない)。しかしこいつの一番の特徴はリフレッシュレートが144Hz(公式サイトには165Hzって書いてある)対応で、応答速度も1ms。更にG-Syncという、グラフィックボードと連携してカクつきやテアリング(ティアリング)を防いでくれる機能があり、まさにゲーム向け。今使っているグラボがGeForce GTX 1070 Tiというそこそこなモデルなので60fpsを超えることも結構あり、144Hz対応というのは魅力的。

 

結論

お金ください。


Xperia XZsが修理から戻ってきた

火曜日に。

ここまでのあらすじ

ということでドコモショップで受け取ってきました。スタッフの人が「あ、これ以前SIMロック解除されてましたよね」と途中で気が付き慌ててSIMロック解除の手続きをしてたけど、それ以外はスムーズに。言われていたとおりの金額をお支払いしてきました。

ということで戻ってきたXperia XZsがこちら。修理報告書によるとメインの基板とコネクタ部分、バックパネルということだったんだけど、スタッフの方曰く、ディスプレイはメイン基板と一緒になっているはずだからそれも交換されているはず、さらに見た感じすごい綺麗だから側面のパーツも交換になっているかも、とのことで、まあほとんど新品みたいな感じになってきたみたいです。コネクタ部分もきれいになってました(あたりまえ)。

ということで新しくXperia XZ1をお迎えいたしました。前の記事で張った伏線を無事回収できました。というのもXperia XZsを使っていて、ストレージが32GBしかないのが本当にツラかった。かなり頻繁に容量不足のアラートが出ていたし。その点Xperia XZ1は64GBあるので余裕かなと。もちろんSoCも新しくなっているし、諸々のスペックは向上していますからね。下が今まで使っていたXperia XZs、上が新しいXperia XZ1です。ホームボタン兼指紋センサーが黒く、またボリュームボタンが上側に移動しました。ちなみによく使うFelicaは画面正面から裏側に。これは表でも結構使いやすかったんだけどなー。

今買うならXperia XZ2にするべきか?とも思ったけど、3.5mmイヤホンジャックが廃止になっていたり、SoCの発熱とバッテリー持ちの評判が悪いみたいで見送りました。丸っこい形が不安定そうというのもある。

ということで、これからはXperia XZ1を使っていきます。Xperia XZsはメルカリかどこかで売りに出すかなぁ。