ガジェット一覧

SONY WF-1000XM4が届いたので使ってみた

先日予約していたSONYのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4がちゃんと発売日に届いたので使ってみました。

ということで見ていきます。

いろいろなところで散々語られているので今更ですが、パッケージはプラスチックフリーです。一番外側の紙の部分についてはテープで止まっているのですが、剥がすと元に戻せなくなるので個人的にはもったいなく思ってしまいましたw ちなみにこの外装部分に保証書がついているので取り外すのを忘れないように。

ノイズキャンセリングの部分についてのところがシールになっていました。「業界最高クラス」というところ回りでなにか変更があったんですかね?剥がしてないので分かりませんが…。

外装を剥がすとこんな感じ。可愛いですね。せっけんみたいだなと思いました。

中身はこんな感じ。右上が本体、左上が交換用のイヤーピースと充電用のケーブル、下は説明書類です。環境に配慮するなら説明書類もペーパーレスにしちゃえばいいのにな、とちょっと思いました。

デデン。過去シリーズとか他社製品とか持ってないので比較できないんですが、手のひらで把持するのにちょうどいい感じのサイズ感。ジーパンの前ポケットに入れたらちょっと目立つかな、って感じの厚みでした。でも全然入るし邪魔な感じはしませんでした。

パカッ。絶縁シートが入ってますがこれも紙。こだわってますね。

取り出してみるとこんな感じ。丸い金属の部分はフィードフォワードマイクというノイズキャンセリング用のマイクになるのですが、コッパーカラーな感じでアクセントになっていてかっこいいですね。

さてここから使ってみます。スマホはSONY Xperia 1Ⅱ、Headphones Connectアプリも事前にインストールしていたので接続は手間取ることなくすぐに終わりました。Google Fast Pair対応なのでアプリ入れてなくてもすぐに繋がると思います。

接続が終わったらアップデートのお知らせがありました。とりあえずやっておきます。

いろいろ設定していて面白いなと思ったのが装着状態テスト機能。今つけているイヤーピースが耳のサイズに合っているのか、また複数のサイズを付け替えてどれが最適かを教えてくれます。テストを開始するとなんかピコピコ音楽流れて、おそらくその音漏れの感じとかをマイクで集音して判定しているんだと思います。

僕の場合は左がLサイズで右がMサイズと判定されました。ホントかいなと思いながら、とりあえず言われた通りの物を付けておいています。

あとこのイヤホンに合わせてワイヤレス充電器も買いました。Prime Dayバンザイ。

Anker PowerWave II Padです。WF-1000XM4はQi規格に対応しているので置くだけ充電が可能です。

置くとこんな感じでケースの充電ランプも点灯します。使っているスマホもワイヤレス充電対応なので一石二鳥。PCデスクに置いたのでスマホかイヤホン充電しておいて、出かけるときにさっと持って行けて楽だなと思います。

で、使用感なんですが個人的にはバッチリです。まず装着感としては外れる感じとかもなく今のところは全く困っていません。WF-1000XM3を使っていた友人がよく外れて困ると言っていて少し不安だったのですが、この点は安心しました。もしかしたら形が変わって重心も変わっただろうし、イヤーピースも変わっているので、前のが合わなかった人も良くなってるかもしれないですね。一応メーカーとしてもこだわっているみたいですし。

音質は音質優先モードにしてLDAC接続にしていますが、個人的に全く申し分ないです。というか普通に音質いいです。これ買うまでfinal audioのE1000という2000円くらいの有線イヤホンを使っていましたが、そこから違和感なく乗り換えられています。音響回りにウン十万円とか掛けるようなオーディオオタクではないのであまり語れないのですが、諸々のレビューを見ても高評価なので、少なくともカジュアルに音楽聞く勢には必要十分な音質なのだろうと思います。5バンドのイコライザ機能もあるので多少であれば好みに寄せることも出来ますし。まぁこの辺はこだわる人は買う前に試聴するでしょうし問題ないでしょう。

あとノイズキャンセリング性能。今までほとんどノイキャン機能付きのものを使ってこなかったので(SONY MDR-EX31BNを使っていた時期もありましたが、基本ノイキャンはオフで使っていました)過度の期待をしていたところもあるのかなとは思うのですが、当然全くの無音になるということではなさそうです。

これは他の製品もそうなのかもしれないですが、やはり得意不得意があるようで、例えば工事現場の音だとエンジン系の音のような低い音はかなり聞こえなくなりますが、金属を打ち付けたときのようなカンカンという音はそこそこ聞こえるなと感じました。また車の走行音とかも全く聞こえなくなるということは無いですし、今こうやってキーボードを打っている音も完全に無音にはなっていません。人の話し声も会話できなくはないかな?という感じですね。

ただこれ、音楽も流さずに無音状態のときの話であって、イヤホンをしているということは基本的に何かを聞く目的だと思うので、なにか流れちゃえば基本的には気にならないと思います。また構造から考えれば、本当に静寂を求めるのであれば耳全体をまで覆ってしまうヘッドホンタイプの方が良いんだろうと思います。

個人的に面白いなと思ったのが外音取り込み機能です。ノイキャンのないイヤホンでも音楽をそこそこの音量で流してしまえば周りの音ってかなり聞こえなくなっちゃうと思うのですが、ノイキャン用のマイクが搭載されていることを逆手に取って、集音した音をイヤホン側に流してくれます。もちろんイヤホン未装着の状態と全く同じとは言いませんがこれが結構自然な感じで、普通にイヤホンしたまま生活できるなって感じです。

実際外を歩くとなると車だったり自転車だったり他の人だったりといろいろな危険があるわけで、音が全く聞こえない状態だと事故につながる可能性も高いです。そういう意味でもリスニングに集中するときはノイズキャンセリングを有効に、移動中は外音取り込みを有効に、という使い分けが良いかもしれません。ちなみにアプリにアダプティブサウンドコントロールという機能があり、スマホの加速度センサーや位置情報を利用してノイズキャンセリングや外音取り込みの機能を切り替えてくれるものがあります。うまく設定すればかなり便利でしょうね。

ということで1日くらい使ってみての簡単なレビューでした。個人的にはサイコーで買ってよかったな!という感じです。ERATO Apollo7ぶりの完全ワイヤレスイヤホンでしたが、やはりケーブルが無いのは快適ですね。まだ全然使い始めなので家の周りくらいでしか使えてないのですが、これから通勤だったりの外出時にも使い込んで行きたいと思います~。


SONYのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4を予約した

6/9の1:00にワールドワイドでの発表がありました。

Announcement of WF-1000XM4 June 2021

その後10:00に日本のサイトでも発表。

ヘッドホン:業界最高クラスノイキャンに、ハイレゾ音質完全ワイヤレス:WF-1000XM4【ソニー公式】

10:14には注文完了してました。

ワイヤレスイヤホンほしいなーって思ってたんですよ。WF-1000XM3もいいかな~って思ってたんですけど、そのタイミングでいろいろリークがあり、ちょっと待ってみたら発表きてくれました。

定価は33,000円(税込)なんですが、年末にXperia 1Ⅱ買った事もあってソニーストアのクーポンがあり、さらにSony Bank Walletの特典で3%引きなどがあって、2年間の片側紛失保証つけても3万円以内で収まりました。やったね。

また届いたらブログ書こうかなぁ。


【自作PC】ちょいアップグレードした

ちょうど一年前くらいに組んだ自作PCですが、今回CPUとマザーボードをアップグレードしました。思いついちゃったんだから仕方ない。

こんにちは。先日、という名の2ヶ月近く前ですが、PCを組み替えました。いわゆる自作PCです。今回はその紹介をしていきます。 今まで...

今回交換したのはCPUとマザーボードのみ。
グラボはいつの間にか変わっていました。

CPU Intel Core i7 9700K
(8C8T 3.6GHz-4.9GHz)
Intel Core i7 10700K
(8C16T 3.8GHz-5.1GHz)
CPUクーラー SCYTHE 忍者 五
マザーボード ASUS TUF
Z390-PLUS GAMING
ASUS ROG STRIX
Z490-F GAMING
メモリ Corsair VENGEANCE LPX 32GB  DDR4 2666MHz (8GB x4)
ストレージ
(メイン)
SAMSUNG 970 EVO PLUS 500GB
グラフィック ELSA
GeForce GTX 1070 Ti 8GB S.A.C
(流用)
ELSA GeForce RTX 2070 Super ERAZOR GAMING 8GB
電源ユニット Corsair RM650x
ケース Thermaltake H26 Black

今回交換したのはCPUとマザーボードのみ、って書くと大したこと無いようにも思えるんですが、マザーボードって全てのパーツがくっつくところなので、結局ほぼ全バラシでした…。

ちなみに写真の右に写っている変換ケーブルですが、前のマザーボードではCPU補助電源が4pin一つだったのですが、新しいマザーボードは4pin x2になっていました。

しかし使っている電源ユニットには4pin一本しかなく…刺さなくても動くことが多いらしいのですが、無いよりはマシか…?ということでペリフェラル電源から変換することにしました。

マザーボード。前のよりランクが上がったためか、ヒートシンクとかが多めな気がする。あと個人的に気に入っているのは、背面のバックパネルが最初からマザーボードに付いてたところ。あれをケースにはめるのが自作の工程で一番苦手だったかもしれない。

そしてCPU。特になんてことはないです、はい。9700Kと比べてスレッド数が倍増しているので、きっと頑張ってくれると思います。

マザーボードに取り付けるとこんな感じ。いいですねぇ。

さて、今まで使っていたのがこちら。ここから全バラシしてマザーボードを入れ替えていきますよ…!

取り出すとこんな感じ。ケース内に転がっているケーブルたち、これを新しいマザーボードに繋ぎ変えていかないといけないわけですね…。

あとCPUクーラーも流用するので、これも取り外し。こちらは後ほどスタッフがきれいにふきふきしました。

で、なんだかんだ経てケースに収めて再配線して完成!
掃除しながらやったりタラタラしてたら4時間以上かけてたっぽい…時間かけすぎだろ。

ちなみに今回マザーボードとCPUのセットで75,846円、同じショップで使える商品券を4,000円分もらったので実質71,846円。交換したマザーボードとCPUをじゃんぱらで買取してもらったら32,000円になったので、差し引き43,846円で交換することが出来ました。今まであまりPCパーツの買取とかしてもらったことなかったんですが、定期的に買い替えていくのもありかもなあと思いました。

今回ストレージ類はそのまま繋ぎ変えたのでWindowsの再インストールはしなかったんですが、なんとなーく調子が悪いような。今度暇を見つけてクリーンインストールしますかねえ。


MacBook Pro用に買ったアクセサリーとか

先日買ったMacBook Proですが、それ用に買ったアクセサリー類を紹介します。

ところで箱を留めるテープがこんなになってました。いつも感謝感謝。

買ったものたちはこんな感じ。ちなみにMacBook Pro本体より先に届いてた。

液晶の保護フィルム、AC充電器、充電用ケーブル、USB-Cのマルチハブです。

充電器は「RAVPower Type C 急速充電器 65W RP-PC133」。コレの気に入っている点は、MacBook Proに付属のApple純正の充電器と同等の出力があり、それでいてサイズが小さく、更に端子が2つあるところ。

USB PDでの給電と、USB-Aを用いた充電が同時にでき、これら合計で65Wになります。また純正品と違いケーブルが抜き差しできるのでMacBook Proの充電以外にも使えるし、持ち運びもかさばらなくて済みます。

続いてこのUSB-Cマルチハブ。「UGREEN 9 in 1 USB C ハブ」です。現行のMacBookシリーズは外部機器接続用の端子がUSB-Cとイヤホン端子くらいしかありません。充電周りは割とUSB-Cに統一されてきている感じがありますが、例えばマウスとか、例えばストレージとか、デバイス系はまだまだUSB-Aが主流です。そういったものを接続するときに役立つのがこちら。

まずUSB3.0が3つ、SDカードとmicroSDカードスロット(しかも同時利用可)、HDMI、VGA(D-Sub)、ギガビットLANまで備えています。側面のUSB-CはもちろんUSB PD対応なので、MacBook Proを充電しながらこれらのデバイスを接続し、MacBook Proとの接続はUSB-C一つで済みます。便利ですねぇ。ここまでの端子が必要ない人はもう少しコンパクトなのもありますが、あとになってあれが欲しかったこれが欲しかったと買い足して色々持ち運ぶのも面倒だったので、ほとんどの事を一つで済ませられるこれにしました。

あとは画面保護フィルムと充電ケーブル。フィルムは可もなく不可もなくというか、普通です。ちょっと硬度高めのものにしたらめちゃくちゃ貼りづらかったので、もう少し柔らかいものでも良かったかもと思っています。

充電ケーブルは片方がL字になっているものを選んでみましたが、結果としては失敗でした。MagSafe 2とかもそうなってるから便利かなーと思ったのと、実際に前後に流すことが多いのでたしかに便利ではあるのですが、MagSafeと違ってしっかり刺さっているので、L字になっているとPCから抜きづらいんですよね…。結局使う時は電源アダプタ側をL字にするという意味のない感じで使っていますw

ということで買ったもの紹介はこんなところ。正直なに買うか悩んでいるときが一番楽しかったですw
使ってみないことには分からないこともありますが、今回買ったものはかなり満足度が高かったので、もし迷っていたら使ってみてください。


MacBook Pro 届いてました

 結局注文しちゃいました(テヘ注文したのは以下のモデルです。CPU第10世代の2.0GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)グラフィックスIntel Iris Plus Graphicsメモリ16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリストレージ512GB SSDストレージThunderbolt 34ポート型番MWP42J/A吊るしモデル4つでいうと上から2つ目のモデルですね。まぁ~Touch Barはいらないですけどね~しゃーなし。今使っているMacBook Pro(Early 2015)からでいうと、CPUの性能で言えば2~3倍になるし、メモリは増えるし、グラフィックも内蔵とは...

ということで届いてました。

見慣れた箱。開けていくと外箱が出てきます。

もうかっこいい。はいかっこいい。

スペックとかは前回の記事に書いたとおりです。型番でいうとMWP42J/A。

入っているものはいつもどおり。電源は別で買ったのでこちらは使わない予定。

アップルマークは光らない。Thunderbolt 3ポートが4つと、イヤホンジャックのみのシンプルな端子類。キーボードは新しい「Magic Keyboard」。

前に使っていたEarly 2015との比較。フットプリントはひと回り小さく、厚みもUSB Type-Aが無かったりMagic Keyboardになったこともあり、薄くなっています。というかこれ見ると、USB Type-Aの搭載はこの厚さでは物理的に難しい?

ということで、届いたよーってご報告でした。