カメラの選び方とか

個人の感想です

結論から言っちゃうと、どういう目的で、どれくらい(熱量)やりたいのか、次第なんですけど。

まずフィルムかデジタルかという分岐ですが、個人的にはデジタル一択。現代技術的な意味とか、ランニングコスト的なところとか、保存性とか。
でも見た目とか「フィルムカメラ使ってる」感とか(ファッション性、所有欲)、おじいちゃんの形見でとか(固有の機種に対する思い入れ)、そういうので選ぶこともあるでしょう。
ただ、単に「フィルムカメラっぽさ」を求めるのであれば、デジタルかなと思います。

で、デジタルにするとして、「写実性」(人間の見た感じに近づける)を求めるのか、「芸術性」(表現の一つとして)を求めるのか、その間くらいのとりあえず撮っておく、なのかにもよって変わってきます。
そこでどのカメラメーカーにするかって選ぶときに、「フィルムカメラっぽさ」を求めてフィルムシミュレーション機能の充実さを求める方もいます。

個人的にはこれは良し悪しだと思っていて、「どれくらい(熱量)やりたいのか」次第だと思っています。というのも、Lightroomなどの現像ソフトがたくさんある今の世の中、本当に自分の芸術表現の手段として使うのであれば、RAWで撮影して現像設定を追い込めばいいと思うし、むしろのそのほうがその人の個性が出せるのではないかと思います。それにはカメラメーカーなんてあまり関係なく、どのカメラを使っても同じような結果には持っていけるのではないでしょうか。もちろんメーカーによってマウントが違うので、使えるレンズそうでないレンズはありますが。

フィルムシミュレーションって結局は色味のプリセットなので、そこに個人の芸術性は無いし、あくまで設定なのであとからどうとでも出来るように(=RAW撮影)しておいたほうがいいのでは?という考えです。
ただし、「どれくらい(熱量)やりたいのか」次第なので、そこまで芸術性は追い求めてなくて、なんとなくフィルムっぽい感じで撮れたら面白いな、なら全然ありだと思います。

色味で言うとカメラ2大メーカーのニコンは記録色、キヤノンは記憶色なんて言われたりしますが、正直これも現像でどうとでもなるよなあ、なんて思ったり。

なのでカメラを選ぶなら、機能面や操作体系の使いやすさ、使いたいレンズで選ぶのがいいんじゃないかなと思う今日このごろでした。


「https側ドメインを乗っ取られた」についての一考察

先日、GoogleのDiscoverで見かけたこの記事。

先日、何の前触れもなく突然 Google アドセンス広告が、空白になり表示されなくなりました。原因はかなりレアなケースだと思います。今回は「アドセンスが突然空白非表示になってしまった原因が https 側ドメインを乗っ取られたからだった件」をお送りします。

こちらのサイトは「http://tanweb.net」というURLで運営されているのに、「https://tanweb.net」でアクセスすると全く無関係なサイトに繋がってしまい、その関係でGoogle AdSenseの広告配信が止められてしまった、という話。

記事でも書かれていますが、最初の感想は「いやいや、そんなことありえないでしょ」と。同じドメインを使っていながら全く別サイトに繋がってしまうなんてことが起こるようであれば、Webの大前提が崩壊してしまいます(とはいえDNS関係の攻撃で偽サイトへ誘導するなどはありえるので、何事も手放しに信用してはいけない)。
じゃあ今回起きた事例はなんなのか。考えたときに、一つの可能性が思い浮かびました。

そう、自分でも似たようなことを経験していました。

続きを読む


【20%割引あり!】G Suiteのドライブ容量無制限、「5ユーザー以上」制限撤廃?

追記: G Suiteが初年度20%割引になるクーポンを配布します!
詳細は記事最下部をご覧ください!

たまたまサイトを見ていて気が付きました。

G Suiteは、端的に言うと「有料版Googleアカウント」。

Google AI が組み込まれたセキュアでクラウド ネイティブのコラボレーション アプリや生産性向上アプリを 1 つにまとめた統合スイート。Gmail、ドキュメント、ドライブ、カレンダー、Meet などが含まれます。

基本的にGoogleアカウントは無料で使えるので必要のない人が多いとは思いますが、G Suiteは主にビジネスの場で使われることが多いと思います。

  • 独自ドメインで扱える
  • 管理者による集中管理
  • 多くの人が使ったことのあるインターフェース

あたりが売りでしょうか。

で、G Suiteは容量や管理機能の違いで3プランあるのですが、一番下のBasicプランは別として、Businessプラン以上はGoogleドライブの容量が無制限(!)となっています。

ところが今まではBusinessプランでは「5ユーザー以上」の契約が容量無制限の条件だったんですね。一人で5ユーザー分使ってもいいけど、ちょっと高い…。

それが、今たまたまサイトを見ていたらその注意書きが消えていました!どうやら制限が廃止されたっぽい?ですね。

実際にサブドメイン切って試用期間を申し込んでみましたが、1ユーザだけでも容量無制限と表示が出ていました!

追記:実際にG Suite Businessプランに申し込み、支払いも始まっていますが、1TB以上の容量が使えています!

Businessプランだと1ユーザーあたり月額1,360円なので、それを高いと見るか安いと見るか。独自ドメインでのメールがGmailのUIで使えて、Googleドライブは容量が無制限…夢が広がりますね?

ちなみに、遠い昔はG Suite(当時はGoogle Appsという名前だった)は無料版もあったんです。ドメインさえ持っていれば自由に使える時代がありました。その頃申し込んだ人は今も継続して使えていて、僕もその一人。

でも最近取ったドメインではそれは出来ないので、いい加減有料版に申し込んじゃおうかなあと思っていたところ。本当に1ユーザーで問題ないのか確認できれば、マジで申し込んじゃうかもしれません…。

ということでぜひ、みなさんもお申し込みを!w

クーポンコード(プロモーションコード)の配布について
上記リンクからの申し込み後、支払情報の設定時にこちらからお渡しするクーポンコードを入力していただくと、G Suiteの初年度料金が20%割引になります!
規約上そのままここに記載することが出来ませんので、ご希望の方はメールアドレスを入力の上、下記のコメント欄に「クーポンコード希望」とコメントをお願いします!
BasicプランとBusinessプランでクーポンコードが違うため、ご希望をお知らせいただければと思いますが、特に明記ない場合にはBusinessプランのコードをご用意いたします。
数には限りがあるため、お渡しまでお時間を頂く場合や、お渡しできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

引っ越しました

ブログじゃなくて、僕が。

生まれてこの方ずっと同じ場所(記憶のない頃に同じ敷地内での引っ越しはしたらしい)に住んでいた僕ですが、とうとう地元を離れました。これからは二人暮らし生活です。

正直実家からでも職場までは1時間弱ぐらいだし、都心へのアクセスも悪くないし、そういった面では急いで引っ越すこともなかったのですが、もう27歳ですし、まあいろいろとタイミングですね。

ちょいちょいTwitterには書いていた気もしますが、せっかくブログをやっているのでなんとなくまとめてみます。

【Amazon.co.jp限定】TRUSCO(トラスコ)"ダンボー"薄型折りたたみコンテナ 20L フタ付ロック無し TR-SC20-A-DNBがDIY・工具・ガーデンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

続きを読む


#リアル脱出ゲーム が面白いのでぜひやりましょうってお話

こんにちは。
みなさんは「リアル脱出ゲーム」(もしくはそれに類するリアル型脱出ゲーム)に参加されたことはありますか?

個人的にここ数年ハマっていてオススメなのでつらつらと書いていきます。

続きを読む