G Suiteのドライブ容量無制限、「5ユーザー以上」制限撤廃?

たまたまサイトを見ていて気が付きました。

G Suiteは、端的に言うと「有料版Googleアカウント」。

Google AI が組み込まれたセキュアでクラウド ネイティブのコラボレーション アプリや生産性向上アプリを 1 つにまとめた統合スイート。Gmail、ドキュメント、ドライブ、カレンダー、Meet などが含まれます。

基本的にGoogleアカウントは無料で使えるので必要のない人が多いとは思いますが、G Suiteは主にビジネスの場で使われることが多いと思います。

  • 独自ドメインで扱える
  • 管理者による集中管理
  • 多くの人が使ったことのあるインターフェース

あたりが売りでしょうか。

で、G Suiteは容量や管理機能の違いで3プランあるのですが、一番下のBasicプランは別として、Businessプラン以上はGoogleドライブの容量が無制限(!)となっています。

ところが今まではBusinessプランでは「5ユーザー以上」の契約が容量無制限の条件だったんですね。一人で5ユーザー分使ってもいいけど、ちょっと高い…。

それが、今たまたまサイトを見ていたらその注意書きが消えていました!どうやら制限が廃止されたっぽい?ですね。

実際にサブドメイン切って試用期間を申し込んでみましたが、1ユーザだけでも容量無制限と表示が出ていました!

Businessプランだと1ユーザーあたり月額1,360円なので、それを高いと見るか安いと見るか。独自ドメインでのメールがGmailのUIで使えて、Googleドライブは容量が無制限…夢が広がりますね?

ちなみに、遠い昔はG Suite(当時はGoogle Appsという名前だった)は無料版もあったんです。ドメインさえ持っていれば自由に使える時代がありました。その頃申し込んだ人は今も継続して使えていて、僕もその一人。

でも最近取ったドメインではそれは出来ないので、いい加減有料版に申し込んじゃおうかなあと思っていたところ。本当に1ユーザーで問題ないのか確認できれば、マジで申し込んじゃうかもしれません…。

ということでぜひ、みなさんもお申し込みを!w


引っ越しました

ブログじゃなくて、僕が。

生まれてこの方ずっと同じ場所(記憶のない頃に同じ敷地内での引っ越しはしたらしい)に住んでいた僕ですが、とうとう地元を離れました。これからは二人暮らし生活です。

正直実家からでも職場までは1時間弱ぐらいだし、都心へのアクセスも悪くないし、そういった面では急いで引っ越すこともなかったのですが、もう27歳ですし、まあいろいろとタイミングですね。

ちょいちょいTwitterには書いていた気もしますが、せっかくブログをやっているのでなんとなくまとめてみます。

続きを読む


#リアル脱出ゲーム が面白いのでぜひやりましょうってお話

こんにちは。
みなさんは「リアル脱出ゲーム」(もしくはそれに類するリアル型脱出ゲーム)に参加されたことはありますか?

個人的にここ数年ハマっていてオススメなのでつらつらと書いていきます。

続きを読む



【自作PC】PCを組み替えました

こんにちは。先日、という名の2ヶ月近く前ですが、PCを組み替えました。いわゆる自作PCです。今回はその紹介をしていきます。

今までのPC

CPU Intel Core i7 4790
(4C8T 3.6GHz-4GHz)
マザーボード ASUS H97 Pro
メモリ DDR3 16GB (8GB x2)
ストレージ(メイン) Crucial MX500 500GB
グラフィック ELSA GeForce GTX 1070 Ti 8GB S.A.C

前のPCのスペックはざっくりこんな感じ。そもそもはさらに前に購入したBTOパソコンがベースになっていて、そこからCPU・マザーボード・ストレージ・グラフィックボードあたりを都度都度交換していました(もう全部じゃん)。

今回のPC

CPU Intel Core i7 9700K
(8C8T 3.6GHz-4.9GHz)
CPUクーラー SCYTHE 忍者 五
マザーボード ASUS TUF Z390-PLUS GAMING
メモリ Corsair VENGEANCE LPX 32GB (8GB x4)
DDR4 2666MHz
ストレージ(メイン) SAMSUNG 970 EVO PLUS 500GB
グラフィック ELSA GeForce GTX 1070 Ti 8GB S.A.C
(流用)
電源ユニット Corsair RM650x
ケース Thermaltake H26 Black

今回のPCのスペックはこんな感じ。グラフィックボードと、前PCでも使っていたSSDやHDD類のストレージ類は流用していますが、基本的には全くの新規になります。

ではここから、各パーツのチョイスについてと、実際に組んでみたところを紹介します。

続きを読む