【自作PC】PCを組み替えました

こんにちは。先日、という名の2ヶ月近く前ですが、PCを組み替えました。いわゆる自作PCです。今回はその紹介をしていきます。

今までのPC

CPU Intel Core i7 4790
(4C8T 3.6GHz-4GHz)
マザーボード ASUS H97 Pro
メモリ DDR3 16GB (8GB x2)
ストレージ(メイン) Crucial MX500 500GB
グラフィック ELSA GeForce GTX 1070 Ti 8GB S.A.C

前のPCのスペックはざっくりこんな感じ。そもそもはさらに前に購入したBTOパソコンがベースになっていて、そこからCPU・マザーボード・ストレージ・グラフィックボードあたりを都度都度交換していました(もう全部じゃん)。

今回のPC

CPU Intel Core i7 9700K
(8C8T 3.6GHz-4.9GHz)
CPUクーラー SCYTHE 忍者 五
マザーボード ASUS TUF Z390-PLUS GAMING
メモリ Corsair VENGEANCE LPX 32GB (8GB x4)
DDR4 2666MHz
ストレージ(メイン) SAMSUNG 970 EVO PLUS 500GB
グラフィック ELSA GeForce GTX 1070 Ti 8GB S.A.C
(流用)
電源ユニット Corsair RM650x
ケース Thermaltake H26 Black

今回のPCのスペックはこんな感じ。グラフィックボードと、前PCでも使っていたSSDやHDD類のストレージ類は流用していますが、基本的には全くの新規になります。

ではここから、各パーツのチョイスについてと、実際に組んでみたところを紹介します。

続きを読む


SSHでrootログインを禁止する意味ってあるの?

セキュリティの専門家でも何でもない素人の私見ですので、
あまり真に受けないでください

たとえばWordPressいじりを発展させてVPSを借りてみようーとか、手のひらサイズPC面白そうだなーRaspberry Pi触ってみようかなーとか思うと、Linuxというものに触れることになると思います。

それでネットでいろいろ入門記事を読み漁ると、SSHというものを使ってログインをし作業を行う手順が出てくるのですが、そのときに

  • ログインにはパスワードを使わず、公開鍵認証を使うべし
  • rootユーザでのログインは行わず、suコマンドやsudoコマンドを使うべし

という掟があります。

この2つ目の掟、「rootユーザでのログインは行わず、suコマンドやsudoコマンドを使うべし」は果たして本当にそうなのか?ということを考えてみました。

続きを読む


DELL New XPS 13を使ってみて #デルアンバサダー

ごぶさたしております。令和初記事です。
デル アンバサダープログラムに申し込んだらXPS体験モニターに当選したので、使わせていただきました。

Dell アンバサダーサイト - Dellから最新の製品情報やイベント情報をお届けします。

お借りしてからいろいろとタイミングが悪く、あんまりじっくり触れなかったのですが、それも感じた点などをお伝えできればと思います。

続きを読む


平成最後の記事

いよいよやってきましたね~。平成最後の日。

平成一桁前半に生まれて、早二十ウン年。あっという間(?)でした。物心ついてからで考えれば20年くらいしかなかったわけですし。

まぁ元号が令和になったところでなにかが変わるわけではないんですけどね。なんとなく気持ちが引き締まる思いといいますか。

とりあえず、令和でも皆さんよろしくね。
今日は平成最後の仕事(平成最後の遅番)です。


JPEGデータに埋め込まれたdpi値って無意味じゃね?

と感じる今日このごろ。

dpiとは

dpiとは dot per inchの略。1インチの長さの中に、どれだけのドットを詰め込むかを表す、密度の単位。画像などを出力するとき(ディスプレイに表示、紙に印刷、etc…)に関係してくるもの。

ちなみにドットとピクセルの違いについて、ドットは「物理的な点」でピクセルは「データ的な点」なんて解説されていることがある。たとえばディスプレイなんかはRGB各色の「ドット」が3つセットで並んでいて、その1セットで「1ピクセル」を表示している。
が、基本的にカラーが前提の現代において、ドットとピクセルの間は限りなく狭まっているとも思うので、厳密な区別はしないで書いていく。

dpiの話に戻って、dpiが高い(300dpi、350dpiなど)と、ドット密度が高いということになる。同じ長さ、面積の中にたくさんのドットが詰め込まれている。つまり高解像度(≒高画質)。

逆にdpiが低い(72dpi、96dpiなど)と、ドット密度が低いということになる。同じ長さ、面積の中にあまりドットが詰め込まれていない。つまり低解像度(≒低画質)。

画像データの仕組み

ところで、写真やイラスト(ベクターデータを除く)などのラスターデータは、ピクセルの集まりで画像を構成している。1920x1080pxなどというのがまさにそれで、横方向を1920個のピクセルで、縦方向を1080個のピクセルで、全部で2,073,600個のピクセルで表しているのがフルHD。

画像のデータは、各ピクセルがどんな色をしているかを記録していて、それが画像のサイズ分集まっているに過ぎない。例えるなら、方眼紙の1マスを単色で塗るルールで行う塗り絵。

では、そのデータを我々人間が認識するためには、ディスプレイや紙など、何かしらの媒体を通して実体化する必要がある。このとき、データのピクセルには大きさという概念がなく、あくまで「点」の集まりであるため、なにか定義を行う必要がある。このとき関係してくるのがdpi。

dpiの使い方

例えば幅が1920インチ(≒49メートル)、高さが1080インチ(≒27メートル)の巨大ディスプレイがあり、このディスプレイの画面解像度がフルHDだったとする。フルHD=1920x1080pxなので、1インチ四方のドット、マス目が並ぶことになる。これが1dpi。
対して幅が1.92インチ(≒4.9センチメートル)、高さが1.08インチ(≒2.7センチメートルの)の極小ディスプレイがあって、このディスプレイの画面解像度がフルHDならば、フルHD=1920x1080pxなので、0.001インチ四方のドット、マス目が並ぶことになる。これが1000dpi(ありえないが)。

繰り返しになるが、dpiとは1インチの長さの中に、どれだけのドットを詰め込むかを表す、密度の単位。1インチというのはあくまで物理的な長さを表す単位。ディスプレイや紙など、何かしらの媒体を通して実体化するときにのみ、dpiが関係してくる。

JPEGデータのdpi値

さて、JPEGデータ(にくっついているEXIFデータ)にはその画像のdpi値が設定できるようになっている。要するに「僕を実体化するときには○○dpiにしてください」と。これは言い換えると「僕を実体化するときには○○mmにしてください」と言っていることと同義。なぜならデータのピクセル数は決まっていて、dpiで密度が指定されれば、必然的に長さが決まるから。

でもそれって余計なお世話だろ、と。例えばA4(210x297mm)のチラシを印刷するためのデータを作っているときに、カメラで撮影した写真を取り込んだら「あ、僕は72dpiなので長辺2116mmでお願いします。紙からは結構はみ出しちゃいますけど」なんてことが許されてたまるか、と。

デザインに写真を取り込むならトリミングをしたり、用紙のうちのどれくらいの大きさに写真をするかなど、いろいろなリサイズや編集を掛けることになり、そこで初めて最終的なdpiが決まるのであって、事前に何dpiだからどうこうというのは起こりえないはず。

ただし、350dpiで○○mmの大きさに出力したい、だから〇〇pxが必要、というのはよくある話。しかしこれもdpiとmmの関係であって、dpiとpxの関係でないことがわかるだろう。

ということで長くなったが、JPEGデータがdpi値を持っている意味って無いよな、という話。